小鳥日記

30代独身女の日常と考え~貯金とか節約とか仕事とか断捨離とか~

病気のこと⑪ ~むずかしい選択~

先生は、こう切り出しました。

 

「前の先生からの引き継ぎには、全摘のほうがいいのではないかと書かれている。たしかにそうだけれど、自分は部分切除でもなんとか出来るのではないかと思う。」

 

「がんを取りきれているかは、断面の検査をすることでわかる。もし取りきれなかったら、あらためて全摘手術をすればよい。昔と違い安全に手術できるから、あなたの年齢なら2度の手術は問題ない」

 

先生は、全摘したときのショックを考えてくれているようでしたが、決めるのはあなただと言いました。

 

この後も、先生は基本的に私の決断や考えを尊重してくれます。

 

部分切除の場合は放射線治療が必須になり、

約一ヶ月毎日病院へ通うこととなります。

 

色々迷い、部分切除でお願いすることにしました。自分の胸が多少変形するのは想像できても、(たとえ一時的でも)完全に無くなってしまうことは想像ができなかったのです。

 


f:id:kotorinoko:20190429033929j:image

 

手術後、リンパ転移の有無や詳しいがんの性質がわかったら、正式にその後の治療が決まります。

 

先生は、続けてこんな説明をします。

 

「ホルモン治療は行うことになると思うが、これは5年間続ける必要がある。飲んでいる間は妊娠できない。治療が終わったら生理が戻る人が多いが、必ずとは言えない」

 

ああ、これが「妊孕性」の説明か…と思いました。

 

なにか少しショックなような、諦めのような気持ちになりましたが、

先生は、手術が先でまだホルモン治療までは時間があるので、ゆっくり考えましょうと…

 

この日、手術の日程が決まりました。

それにともない、保証人のサインが必要な書類をいくつかうけとります。

 

いよいよ、両親と会社に説明しなければならないタイミングがきました。